FC2ブログ

第2回中心市街地活性化セミナー(近畿経済産業局、近畿中心市街地活性化推進協議会主催)

石原武政氏(大阪市立大学大学院)より、「まちづくり三法見直しについて」と題して、講演がありました。まず、今回の法改正が、2004年の立地法ガイドライン見直しからのどのような流れのもと生じたのか説明がありました。次に、アメリカのゾーニング規制モデルやイギリスのシークエンシャルアプローチ(PPG6)の説明があり、特にイギリスの商業出店は、中心市街地から郊外の順に中から外へ順に検討させていることが強調されました。最後に各地の中心市街地の動向、行政の条例立案の動向が紹介されました。氏の考えでは、?行政内の各部局の合意形成の重要性、?地方都市では商業機能の集積だけで中心市街地を維持するの困難さの2点が強調されました。(kmy)

Foreigner’s View

「海外の方々に、もっと大阪の魅力を伝えたい!」というテーマのもと、海外への情報発信にかかわるクリエーターと外国人をパネラーにデッスカッションが行われました。?今の大阪に欠けているプレゼンテーションとは??大阪、日本は海外からどうみられているか、また海外からみた魅力とは??大阪は、海外に向けどういう情報発信が必要か?以上3点が、司会の山納氏から投げかけられ、デッスカッションがはじまりました。以下、印象に残った内容を箇条書きにします。(kmy)

Read more...

京のまちづくり史セミナー「住民の自治とまちのルールづくり」谷直樹氏(大阪市立大学大学院教授)

まちのルールづくりを歴史から学ぶべく、町式目について歴史的な成立経緯とその裏側にあった自治意識について、谷氏より、ウィットの聞いたわかりやすい説明がありました。以下、印象に残った内容を箇条書きにします。(kmy)

Read more...