FC2ブログ

2006年度第2回都市環境デザインセミナー「ニュータウンの持続可能なマネジメントの展望」山本茂氏(大阪大学特任助手)

山本氏の博士論文、「計画的新市街地の成熟過程における住環境マネジメントに関する研究」の概要紹介とデッスカッションが行われました。記録は、都市環境デザイン会議関西ブロックのホームページに紹介されています。大阪府のイニシアチブのもと開発されたニュータウンが、吹田市、豊中市という地元自治体および地域住民に今後のあり方の検討のバトンが渡されたタイミングにありながら、未だ将来像が見出されていないことが課題です。氏は、千里センターが果たしてきたマネジメント機能を中心に分析し、それを多様な主体が参加したネットワークへと発展させていく可能性を提示しました。(kmy)
スポンサーサイト

メビック扇町講演会

http://www.mebic.com/扇町インキュベーションプラザで、インキュベーションマネージャーをされてきた山納洋氏が、3月末にて退職することになり、「創造の場とクラスター:扇町からの視点を通じて」と題した、講演がありました。講演内容は、
1.メビック扇町について
2.扇町エリアの現状
3.クリエイティブを生み出す環境
4.脱下請けと自分軸発信
5.直取引とディレクション能力
6.ソーシャル・キャピタルの醸成
7.ミクロ・マクロ・ギャップからミクロ・マクロ・ループへ
8.アートの「輸入代替」
以上8点についてで、情報化が進む社会の中でのクリエイティブ産業の集積の意味について、具体的経験と達観的な分析眼のもと、ソーシャル・キャピタル、輸入代替というキーワードを用いて、論じられました。氏のめざす集積像は、弊社の業務スタンスと一致し、大きな共感を覚えました。(kmy)

イタリアレストランとんがらし開店パーティー

大阪市が施行する土地区画整理事業に伴い、移転、共同建設事業に参画し、共同ビルの1階に開業したイタリアレストラン(イタリアンレストランとんがらし)です。弊社が設計、事業コーディネートを行ったレストランで、オープンキッチン、主として常連客の利用を想定したカウンター、奧まったグループ席等、広くはない店内ですが、いろいろなニーズに応えられる気取らない内装となっています。また、ハーブガーデン越しに店内のようすが道行く人に垣間見えるファサードには、土地区画整理事業により新しくなる街並みを先導できればとの想いを込めています。(kmy)

Read more...

交通まちづくりフォーラムKOBE第4回「環境にやさしい交通を支える仕組み?パートナーシップで創る神戸の交通の未来」(神戸市EST推進協議会主催)

能村聡氏(NPO法人環境エネルギー政策研究所・神戸まちづくり研究所)からの主旨説明、植田和弘氏(京都大学大学院経済学研究科教授)からの基調講演、上岡直見氏(環境自治体会議環境政策研究所)、相川康子氏(神戸新聞論説委員)、横江友則氏(スルッとKANSAI協議会)が参加したパネルディスカッションがありました。はじめに、能村氏から、「エコモーション」へバランスを変えていくためにまちづくりの向かうべき方向を探りたいとの主旨説明があり、つづいて、植田氏から基調講演、パネルディスカッションがありました。基調講演およびパネルディスカッションの中で、印象に残った点を列記します。(kmy)

Read more...

まちづくり交付金制度等講演会((財)都市みらい推進機構主催)

「まちづくり交付金の今後について」、「中心市街地の活性化について」、「まち再生出資業務等について」以上3点の講演が、国土交通省都市・地域整備局まちづくり推進課の各担当者の方から行われました。短時間に多数の事例紹介、法案審議の経過報告等があり、最新情報を把握することができました。まちづくり交付金を用いた事例紹介については、「まちづくり交付金ハンドブック」に取りまとめられています。興味深かったのは、まち再生出資業務についての融資への呼び水効果を高める点、税制優遇の効果について、具体例を示しながらの説明で、昨今の制度が目まぐるしく変わる中での制度の意義が理解できました。(kmy)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。