FC2ブログ

京都市中心部の新しい景観政策(報告 京都市都市計画局都市景観部長 福島貞道氏/2006年度第5回都市環境デザインセミナー「景観を考える」第3弾)

去る4月19日に京都市長から都心部での高さ規制強化等、具体的施策を含んだ景観政策が発表されました。これは、その1年前から取り組まれてきた「時を超え光り輝く京都の景観づくり審議会」の中間取りまとめの基づくものです。今回は、福島氏から、この中間取りまとめ結果とそれに至る京都市の景観行政の経過、今後の方向性が報告され、出席者との間で多方面に渡る施策についての質疑応答がありました。
なお、審議会では以下の5つの基本方針が示されたとのことです。
 1.“盆地景”を基本に自然と共生する景観形成
 2.伝統文化の継承と新たな創造との調和を基調とする景観形成
 3.“京都らしさ”を活かした個性ある多様な空間から構成される景観形成
 4.都市の活力を生み出す景観形成
 5.行政、市民、事業者等のパートナーシップによる景観形成
氏からの報告および質疑応答の中で印象に残った点について以下に列記します。(kmy)

Read more...

スポンサーサイト

(株)飯田まちづくりカンパニーの取り組み

ある研究会で、長野県飯田市での中心市街地の再生と住民参加について、元飯田市産業経済部長の高橋寛治氏のお話をお伺いしました。飯田市は、長野県南部に位置する10万人ほどの地方都市で、りんご並木をシンボルとした中心市街地の再生の他、都市農村交流でも注目されています。(株)飯田まちづくりカンパニーは、市街地再開発事業等を通じた中心市街地の活性化を目的としたTMO組織で、再開発事業の推進、管理の他、商業地の空き店舗を活用したテナントミックス事業、市が保存した伝統的建築物を活用した地域交流施設の管理、運営、グループホームの運営等を行っています。特徴は、5人の市民有志が出資し立ち上げたことで、それを呼び水として、資本金は2億円以上に達し、市街地再開発事業等を推進するための「市民銀行」の役割を果たている点にあります。市民主導による、事業推進は、多くの賛同を得、マンション、企業ビル等の民間事業等の波及効果が現れているとのことでした。多くの賛同と共感を呼んだ本気の市民主導の取り組みが、中心市街地に人をひきつけたのだと感じました。(kmy)

松屋町での取り組みが紹介されました(産経新聞2006年7月11日夕刊)

以下、記事を掲載します。(kmy)

『人形の町』松屋町 いまやマンション街、活性化へ若手スクラム「働きたい町、住みたい町」へ
 

Read more...

大阪経済の現状と今後/慶應義塾大学経済学部教授 植田浩史氏(第46回KNS産業クラスター研究会)

上記タイトルで、植田氏から、「データに見る大阪経済の傾向的低下」、「東大阪市を例とした課題分析」、「伸びている企業の特色」等についての報告の後、質疑、交流会がありました。案内文は以下のとおりです。
『景気が上向きといわれていますが、景気の回復を実感し、業績回復から過去最高業績を実現している企業、逆に回復が実感できない企業に分かれているようです。
今回のクラ研では、今年3月末まで大阪市立大学大学院創造都市研究科で、産業集積や産業クラスター研究に携わり、近畿経済産業局の産業クラスター研究会や大阪市のものづくり再生プラン策定委員会で座長を務められた現慶應義塾大学教授の植田浩史さんにお越し頂き、大阪経済の現状をシビアに見た上で、今後の可能性についてご報告いただきます。
KNS自体、上記研究会や委員会に集まった有志等で発足した経緯もあり、いわばKNSの原点とも深く関わる方のお一人です。今回初めてKNSに登場していただきますが、その定評ある鋭い分析と本音レベルでの辛口のご意見にご期待下さい。大阪経済、ひいては関西経済の行方や、産業集積、産業クラスターにご関心のある方は是非この機会にご参集下さい。』
以下に印象に残ったコメントおよび感想を列記します。交流会時には、大阪市のビジネスチャンス倍増プロジェクトのマッチングナビゲーターの方から、マッチング現場の実際について、直接お聞きすることができたこと等、共通の関心をお持ちの方とお話できたことは有意義でした。(kmy)

Read more...

1920年代の農村社会と学校教育(教育の境界研究会7月例会/土屋尚子氏報告)

同研究会の例会にて、土屋氏からの報告およびディスカッションが行われました。氏の問題提起は以下のとおりです。
『明治初期の学校制度創設以来、農村では学校教育が「厭農」につながるものとして敬遠される風潮が残っていました。しかし、第一次世界大戦から1920年代にかけて村における学校教育の意味は大きく変わっていくことになります。初等義務教育の中退者が減少し、卒業後の進路として中等学校への進学を希望する子どもが徐々に増えていくなど、この時期の農村の教育水準が上昇していくことが多くの先行研究によって明らかにされています。
今回の報告では、これらの先行研究を整理したうえで、農村にとって学校教育の持つ意味とは何か、参加者の皆様と一緒に考えていくことができればと思っています。』
都市と農村とは、それぞれの特性に応じた地域づくりが行われるべきですが、わが国では永年、都市と地方との格差が問題視されています。その発端は、封建社会から近代社会に移行する際の全国一律的な社会改革とそれに対した既存コミュニティの選択した方向性に要因があるのではとの問題意識があり、その疑問に何らかの示唆を期待し参加しました。研究会に参加した感想を以下のように列記します。(kmy)

Read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。