FC2ブログ

京都市中心部の新しい景観政策(報告 京都市都市計画局都市景観部長 福島貞道氏/2006年度第5回都市環境デザインセミナー「景観を考える」第3弾)

去る4月19日に京都市長から都心部での高さ規制強化等、具体的施策を含んだ景観政策が発表されました。これは、その1年前から取り組まれてきた「時を超え光り輝く京都の景観づくり審議会」の中間取りまとめの基づくものです。今回は、福島氏から、この中間取りまとめ結果とそれに至る京都市の景観行政の経過、今後の方向性が報告され、出席者との間で多方面に渡る施策についての質疑応答がありました。
なお、審議会では以下の5つの基本方針が示されたとのことです。
 1.“盆地景”を基本に自然と共生する景観形成
 2.伝統文化の継承と新たな創造との調和を基調とする景観形成
 3.“京都らしさ”を活かした個性ある多様な空間から構成される景観形成
 4.都市の活力を生み出す景観形成
 5.行政、市民、事業者等のパートナーシップによる景観形成
氏からの報告および質疑応答の中で印象に残った点について以下に列記します。(kmy)

Read more...

スポンサーサイト