FC2ブログ

子どものためのピアノコンサート(珈琲の冨田屋主催、守口市守口文化センターにて)

「多少子どもが泣いても、おしゃべりしても許される雰囲気のコンサートを開きたい」と子育て中の自身の体験から企画された、コンサートに参加しました。

Read more...

スポンサーサイト

中小企業基盤整備機構 平成18年度専門家会議(近畿ブロック、神戸市甲南本通商店街にて)

中心市街地商業活性化アドバイザー等が参加する標記の会議に参加してきました。
当日のプログラムは以下の3点でした。
 1 高度化融資制度、改正中心市街地活性化法等の紹介
 2 甲南本通商店街振興組合の取り組み紹介
 3 参加専門家間の意見交換

Read more...

日本ドリームプロジェクトの活動紹介(いろは出版株式会社 松瀬さや香氏)

 あなたの夢はなんですか?
 
 夢を意識することで日本を元気にしたい
 夢に挑戦することで日本をもっとおもしくしたい

 これが日本ドリームプロジェクトの夢です。


Read more...

セプテンバーコンサート2006 KOBE in 二宮 視察

 音楽のあるところには人が集まり、
 人が集まるとひとりではできなかったことができるようになる・・・
 世界が音楽に包まれる日
 9月の風にのせて
 平和を奏でる響きをあなたの街にも

以上は、セプテンバーコンサートホームページのトップに記載されていることばです。
テロの翌年からニューヨークではじまったコンサートが世界に広がり、神戸の二宮商店街で行われました。

Read more...

表参道ヒルズ視察

神宮前四丁目地区第一種市街地再開発事業により、今年2月に誕生した表参道ヒルズを視察してきました。永年、表参道のランドマークとして親しまれてきた旧同潤会青山アパート(昭和2年完成)の建替事業で、保存か建替えかの物議を醸した末に、安藤忠雄氏の設計により約29ヶ月の工事期間を経て完成した一部住宅を含んだ大型複合商業施設です。
以下に私の感想を列記します。(kmy)

Read more...

エチカ表参道視察

東京地下鉄株式会社、通称東京メトロが展開する古くて新しい駅中ビジネス「エチカ表参道」をご存じでしょうか?
ホームページでは、以下のように紹介されています。

---
「Echika表参道」は、商業コンセプトを『表参道スタイル』とし、東京を代表する洗練された街である表参道で、「表参道だからできる」こだわりを持ったトレンドショップをお客様に発信するとともに、駅全体の開発コンセプトであるフランス、パリのイメージを取り入れた「ファッションと食のトレンド」の場を提供します。
メインターゲットは、通勤・通学で利用されている20代?40代の女性で、一人でも気軽に立ち寄れるお洒落でカジュアルなショップ構成となっており、東京メトロと委託先企業とのコラボレーションによりこだわりを持った店舗デザイン及び商品やサービスをお客様に提供します。
---

人の往来の絶えない鉄道駅は、古来まちのにぎわいの中心となってきました。特にターミナル駅の多いヨーロッパでは顕著です。一方、地上の土地利用に影響を与えず整備することのできた地下鉄駅の場合、都心部にあっても、ただの通過点となっているところが大半でした。

しかし、最近では、プリペイドカードの普及に加え、ポストペイシステムの普及により券売機に必要な空間が減っていること、利便性の極めて高い駅構内への商業ニーズが高まっていることなどから、地下鉄構内での商業開発が進みつつあります。特に、東京メトロは、2004年4月の株式会社化以降、柔軟な利用者ニーズへの対応を次々と展開しています。そのひとつの答えが、再開発事業により大きく生まれ変わった表参道ヒルズと時期を同じくして開業したエチカ表参道にあるのでしょう。間違いなく、今後の公共交通のあり方、地下鉄のあり方に一石を投じていると思い、視察してきました。

Read more...

記念講演・笹田剛史先生を偲ぶ会

京都大学や大阪大学で活躍され、昨年永眠された故笹田剛史先生を偲ぶ記念講演が行われました。私は大阪大学での授業を通じて、先生にお世話になり、書物の紹介などを受ける中で、都市への観察眼、都市のアクティビティを企画する視点などの助言を受け、現在の道に進む契機を得ました。その際、先生から研究室に呼ばれ、「これを読め」と言われたのは、『実感思考』(北山孝雄著、史輝出版、1995年)です。
講演は、笹田先生の研究室を引き継ぎ大阪大学で研究を行っている、加賀有津子氏(大阪大学大学院工学研究科助教授)、福田知弘氏(大阪大学大学院工学研究科環境・エネルギー工学専攻)から行われました。両氏からは、笹田先生から学んだ研究姿勢に加え、バーチャルリアリティやリアルタイムシミュレーションを用いた進行中のプロジェクトが紹介されました。両氏の講演に共通していたのは、笹田先生の教えを言葉として紹介された点です。お二人からの紹介を並記するため、重なりがありますが、以下に列記します。(kmy)

Read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。