阪神白地市民まちづくり支援ネットワーク「行政の住民参加型まちづくり制度の今」

以下のプログラムでセミナーが開催されました。
1.「神戸市まちづくり条例に基づく支援制度」金川裕一氏(神戸市・地域支援室)
2.「兵庫県まちづくり基本条例に基づく支援制度」依藤庸正氏(兵庫県・都市政策課)
3.「市民主体・行政参加型のまちづくり」大西勇一郎氏(豊中市・まちづくり支援課)
まちづくり支援行政で永年の実績のある各自治体の、支援内容の推移、予算が減少しているなかでの新たなニーズへの対応、他部局でも同種の施策が行われはじめている中での制度面での役割分担の整理等が議論となりました。コミュニティ活性と地域レベルでの都市計画行政とは相互補完的関係にあるべきものですが、政策評価の視点からは、地域ニーズと行政施策のタイミングが合致するかどうかが難しいところだと思います。各自治体とも首長の関心、評価とも高いという点は、現場に携わるものとして、心強いと感じました。(kmy)
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。