淡路ハニー共同建設事業組合解散

阪急淡路駅周辺の土地区画整理事業区域内(大阪市東淀川区)で、店舗付共同住宅「淡路ハニービル」の建設事業を執り行ってきた淡路ハニー共同建設事業組合が、事業を終え解散しました。今年3月に竣工、入居、店舗の開業済みで、複雑な事業スキーム及び権利移転に伴い、登記、融資実行が遅れていたため、竣工後、半年近くを経ての事業清算、組合解散となった次第です。建設事業組合は、解散後スムーズに区分所有建物の財産管理を行う管理組合に移行しました。1年検査など、設計業務のフォローアップはつづきますが、事業コーディネートを行ってきた弊社の役割は一段落しました。密集市街地内で換地を受けた、地域に強い愛着を持つ権利者による共同住宅(コーポラティブ住宅)には、集まった家族の歴史と期待が積み重なりました。(kmy)
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。