コミュニティレストラン「こらぼ屋」の視察と試食

三重県四日市市に、主婦や学生などのプロではないメンバーが、日替わりで調理を担当する「ワンデイシェフ・システム」で運営している、コミュニティレストラン「こらぼ屋」を視察してきました。
昨年、テレビで紹介されていた番組をたまたま見たことから、いつか行ってみたいと思っていた店です。最近、仕事で、四日市市に行く機会が多かったので、午前中の会議のあと、昼食も兼ねて、視察と試食に行って来ました。場所は、四日市市の中心部、近鉄四日市駅からひと駅東の川原町駅から3分ほどのところにある、ばんこの里会館内2階です。
この日は、‘みえの農村’出張レストラ in こらぼ屋「うきらとむら」という三重県松坂市の山里からのシェフ(お母さんたちといった雰囲気)、グルタケ(ハタケシメジ)膳を振る舞っていました。特に天ぷらがもちもちした食感で旨いなと思っていたら、帰りがけに取材に来ていた新聞社の方から感想を求められ、逆に、うどんへのシメジの練り込み方など、旨さのヒミツを教えて頂きました。(当日のメニュー/グルタケ入ご飯/グルタケ天ぷら/グルタケうどん/グルタケ入 ニッキまんじゅう/漬物/以上で800円)

本当は、経営者の海山裕之さんに、シェフ集めや採算確保の工夫などをお伺いしたかったのですが、当日は、マスコミの取材が多く、お忙しそうで、またの機会にお聞きすることとし、以下のように写真だけ撮らせて頂きました。
地域の活性化、食育、都市農村交流など様々な視点から可能性のあるコミュニティビジネスと言え、三重県及び四日市市とも連携が図られています。
なお、詳細について、NHK教育テレビ(全国放送)「ビジネス未来人」にて、2007年1月26日(金)22:25-22:50に放送があります。是非、ご覧頂き、感想などお寄せください。(山本一馬)
070123-1.jpg

070123-2.jpg

070123-3.jpg

070123-4.jpg

070123-5.jpg

070123-6.jpg

070123-7.jpg

070123-8.jpg

070123-9.jpg

070123-10.jpg

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。