FC2ブログ

(仮)麗しきマチ2 Our Home-City の打合せ

 名古屋駅前のカフェで、建築家の鵜飼昭年さん(AUAU建築研究所)、伊藤孝紀さん(有限会社タイプ・エービー)の両名にお会いしました。お二人とも名古屋やその周辺で活躍する私と同世代の方で、鵜飼さんは住宅設計が中心で、伊藤さんは店舗併用住宅の設計や商業施設のコーディネート、その他商品のデザインなど幅広く活動されています。
 お会いした目的は、来る3月6日に予定されているパネルディスカッションの打合せのためでした。このパネルディスカッションは、「(仮)麗しきマチ2 Our Home-City」と称し、3月6日から11日まで開催予定の展覧会の中の企画です。詳細は、後日リーフレットなどを入手次第、ご案内しますが、ここでは、パネラーである私に与えられた役割について触れます。
 デッスカッションは、17:00から19:00までの120分間で、6名のパネラーからの簡単なプレゼンテーションのあと、コーディネーターのもと、会場も交えたフリーディスカッションを行うという流れです。展覧会の方は、名古屋の歴史的積み重ねのある、特定の地域のあり方について問題提起している内容で、ディスカッションの方は、その展示内容を受けつつ、「麗しきマチ Our Home-City」というテーマについて広く論じるということが、おおよその方向です。
さて、そこで私に与えられた役割は、「部外者」と「地域づくりの実践者」ということでした。前者については、ディスカッションの中で、展開するものとして、後者については、簡単なプレゼンテーションとして、2枚の映像を用意するという宿題が与えられました。
2枚の映像は、「クラスター形成」、「インタラクティブな地域づくり」をキーワードに、これまでに私が携わった、以下の計画、事業に関連したものを用意しようと考えています。さて、何を用意したかは、「当日のお楽しみ」とします。お二人と私以外に、マチに携わる研究者の方も参加し、多様な視点からの議論が楽しみです。乞うご期待ください。(山本一馬)
 ・デイサービスセンター陽だまり/大阪市中央区
 ・有隣ふれあい地蔵盆/京都市下京区
 ・淡路ハニー共同ビル/大阪市東淀川区
 ・文化商業インキュベーション施設B-FLAT/大阪府豊中市
 ・駅ボランティア実験/大阪市
 (以上、年代順)
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。