FC2ブログ

近畿建築祭・近建女見学会

10/20(土)、近畿建築祭兵庫大会の式典が午前中、近建女見学会(近畿建築士会協議会女性部会合同見学会)が午後から開催されました。私は兵庫県建築士会女性委員会に所属しているので、スタッフとして参加しました。

兵庫大会ということで、「北野工房」の3階講堂で行われました。ここは小学校跡地を改装した神戸の観光名所です。(山本和代)
北野工房


式典の様子


北野工房 ショップの様子




午後からは、近建女の見学会ということで、三木市の総合防災公園にある「E-ディフェンス」「屋内テニス場」に行きました。

E-ディフェンスの実験棟内1


E-ディフェンスの実験棟内2


E-ディフェンスの実験棟内では、10/20現在、イタリアと日本の共同実験で、木造壁式7階建ての建物が10/23の実験に向けて準備が進められていました。
説明によると、この実験棟の使用料は1日600万円程度かかり、実験までの準備に約1?2週間かかるとのこと(この金額はあくまでも原則であり、条件で大きく変わるとのこと)。この実験棟に運び込む前段階には、隣棟の準備棟で8?9割方、建設しておき、それからこの実験棟に運ばれるということです。



ビーンズドーム(外観)


ビーンズドーム(内観1)


ビーンズドーム(内観2)


ビーンズドーム(内観3)


次の見学先は、同じ敷地内の屋内テニス場「ビーンズドーム」。
遠藤秀平氏の設計で、国際的なテニス大会に対応できるよう、1段低くなったセンターコートを始め、一般の方も利用できるよう、他8面のコートが設置されていました。また、災害時には全国から集まる救援物資の集積場・分配場としての機能、応急活動要因の宿泊施設・活動拠点の機能も持ち合わせているとのことです。


近建女見学会は、近畿の女性建築士30名が参加されました。
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)