新年の言葉「事件は会議室で起きているんじゃない、現場で起きているんだ」

  • Day:2009.01.01 16:36
  • Cat:-
あけましておめでとうございます。本年も、街角企画をよろしくお願いします。

新年の言葉として、これまで「晴耕雨読」「仁は人の良心なり、義は人の道なり」「日本化」をあげさせて頂きました。今年は、「事件は会議室で起きているんじゃない、現場で起きているんだ」をあげさせて頂きます。

年賀状にも書かせて頂きましたが、今、日本だけでなく、世界の社会システムが崩壊の危機にあります。「崩壊」や「危機」の感じ方は、人それぞれでしょうが、経済と生活の時間感覚が乖離していること、社会システムや世界が日常生活の延長上からかけ離れているとは誰もが実感していることでしょう。そのような乖離現象をソフトランディングさせるあるいは、つなぎ直す手段として、都市計画、まちづくりが果たすべき役割が見直される必要性を感じています。

以上のことを端的に言い表した言葉こそ、踊る大捜査線で織田裕二演じる青島刑事が発した標記の言葉ではないでしょうか。もちろん「街角企画」という弊社の社名も同様の意味を込めたものです。

(山本一馬)
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。